ポンコツエンジニアのごじゃっぺ開発日記。

いろいろポンコツだけど、気にするな。プログラム&ロボット大好きなポンコツが日々の記録を残していきます。 自動で収入を得られるサービスやシステムを作ることが目標!!

静音モデルのRealforceキーボードのスペースキーがうるさいので静かにさせた。

5年前に購入したRealforceのキーボード。今となっては社会人ですが、学生の頃にちょっと奮発して静音モデルを購入したんです。

購入時の写真がこちら↓

たしかにとても静かで、気がつけば5年も使い続けているキーボード、今では仕事中もずっとこちらを使っています。

ただ、気になったのがスペースキーの音!

 

使っている感じだと、スペースキーを押したときの音ではなく、指を離したときにキーが戻ってきたときの音が大きいのです。

そこで、その音をなくすべく、以下のようにキーを取ってみました。

スペースキーを直接取ろうと思うととても大変なので、両隣のAltキーを外してから指でスペースキーを取り外すと簡単に取り外せます。

さて、写真を見て分かる通り、スペースキーにはバネが仕込まれています。このバネの力で戻るときに力強く戻り、結果大きな音を立てているようです。

で、今回の対策として自分が取った行動は、このバネを取り外す!という簡単なこと。

最初はバネがないと戻る力が弱すぎて大丈夫かなー?って心配だったのですが、実際に外してみて使ってみた感じだと全然問題ありません。既に1週間以上使っていますが、使いにくいと思わず逆に前よりも静かになったおかげか、タイピングがより楽しめるようになりました!

なので、今回紹介した手法はなかなか有効で、個人的にはとてもオススメしたいものです!

 

写真を見て思ったのですが、5年も使っているとキーボードが汚いね。2週間に1回くらいはエアダスターでキレイにしているんですが、、あとでガッツリ掃除しなきゃね。