ポンコツエンジニアのごじゃっぺ開発日記。

いろいろポンコツだけど、気にするな。プログラム&ロボット大好きなポンコツが日々の記録を残していきます。 自動で収入を得られるサービスやシステムを作ることが目標!!

はじめてのGo言語をmac上で触ってみた。

前から触ってみたいとは思っていたのですが、なかなか触らずにいて今になってしまった。

Golangの開発を始めるために、まずはmac上で動かせるようにしないといけないですね。ということで、今回はGolangの導入をしたのでその手順を書いていきたいと思います。

インストールは簡単。brew install goをするだけです。

$ brew install go
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> Updated Formulae
asio bibtex2html dmd fig2dev imlib2 launch liblwgeom links nanopb-generator perl@5.18 proguard recoverjpeg softhsm src xonsh
aspectj clojure dnsdist gegl jansson lcdf-typetools librealsense log4cplus packmol phpunit qd remctl sparse testssl
babeld discount dub globus-toolkit keychain libgpg-error libsoxr mutt pam_yubico pioneers qtfaststart silk sqliteodbc timelimit

Error: Could not link:
/usr/local/share/man/man1/brew.1

Please delete these paths and run `brew update`.
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/go-1.10.1.high_sierra.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring go-1.10.1.high_sierra.bottle.tar.gz
==> Caveats
A valid GOPATH is required to use the `go get` command.
If $GOPATH is not specified, $HOME/go will be used by default:
https://golang.org/doc/code.html#GOPATH

You may wish to add the GOROOT-based install location to your PATH:
export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
==> Summary
? /usr/local/Cellar/go/1.10.1: 8,158 files, 336.7MB

これだけで動くようになります。

$ go version
go version go1.10.1 darwin/amd64

ちゃんとgo1.10.1が入りました。

 

では、実際にプログラムを書いていきたいと思います。

まぁ、まずはHello Worldを出力しましょうかね。hello.goというファイル作成します。

package main

import "fmt"

func main() {
fmt.Println("Hello World!")
}

これを実行していきます。

$ go run hello.go
Hello World!

あら、簡単。これだけで終わりです。

さて、これからGo言語のチュートリアルをやっていって勉強したいと思います。

自分はこちらのサイトで勉強しようと思います!

Welcome to a tour of Go